デジカメ時代のスライドショー、ANIMOTO

2007.08.18 Saturday

0


    デジカメで撮った写真を使って、手軽に迫力抜群で見応えあるスライドショー(ムービー)が簡単に作成できるソフトウェアとして、日本ではLiFE* with PhotoCinemaが有名ですよね。海外では同様なツールとしてANIMOTOがあります。オンラインサービスでここまでできるなんて、すごい!
    無料で作製できるムービーので長さは30秒。有料サービスも用意されており、30秒以上の長編ムービーが1件/3ドル、または1年間無制限/30ドルだ。30秒は短すぎるので登録するよ。ところが、google Checkoutに飛ばされたオレは、JCBが利用できないことに気づき、断念。VISAかMASTARカード作らなきゃ...
    βサービスを一般公開して、まだ3日目なんで、サーバが不安定だったりするけど、この先が非常に楽しみです。


    【特徴】
    ・オンラインアプリケーションなので、OSを選ばない
    ・flickrやPicasa等から直接画像データを取り込める(PCから直接アップロード可)
    ・あらかじめ、多くのミュージッククリップが用意されている(PCから直接アップロード可)
    ・ANIMOTOからWindows Live、Bloggerのブログサービスに投稿できる


    【感想】
    ・作業時間はほんの数分間。とても簡単な操作でムービーが生成される
    ・エフェクトがかなりクールで本格的。あくまで個人的な意見だが、PhotoCinemaよりも仕上がりが「プロっぽく」感じられる
    ・APIを公開しているオンラインサービスをうまく活用してユーザの利便性向上させているところが良い


    【要望事項】
    ・テロップの埋め込みができたらいいな
    ・エフェクトをテーマ(スピーディ、スロー、レトロ風、ロマンティック等)別に分け、ムービー作成時に選べるようにしてほしいよ
    ・携帯電話等、モバイルデバイスからムービーの視聴
    ・高解像度ムービーの作成、ダウンロードサポート


    【その他】
    ・フロントエンドは、Ruby on Railsだぜ!
    ・ANIMOTOは来年googleを買収するんだってさ。なんじゃそりゃ

    ANIMOTO
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL