ANIMOTO ビデオクリップ作成手順

2007.09.13 Thursday

0
    ANIMOTOのユーザ登録が終わったら、ビデオクリップを作ってみましょう。ANIMOTOのwebサイトは英語だらけ(←当然だけどね)なので、画像を多用した作成手順を紹介します。

    1.まず、ANIMOTOにアクセスしてログオンする。次に画面左上の"Create Video"をクリックします。すると、画面中央に"ANIMOTO SHORT"(再生時間30秒間の短いビデオクリップが作成できる無料サービス)と"FULL-LENGTH"(再生時間無制限の有料サービス)と表示されるので、作成したいビデオクリップの種類を選択します。ここでは、"ANIMOTO SHORT"を選択しました。
    ビデオタイプ選択画面


    2.ビデオクリップ作成に使用するイメージを選択します。"UPLOAD"はユーザのPCから直接ANIMOTOにデータをアップロードする場合、"RETRIEVE"はFlickrPicasa等のオンラインサービスからイメージを取得する場合に選択します。ここでは、"UPLOAD"を選択しました。
    利用するイメージの場所指定


    3."UPLOAD"をクリックします。
    ローカルHDDからあのアップロード

    4.アップロードしたいイメージを選択します。なお、キーボードの'Ctrl'キーや'Shift'キーを押しながらファイルをクリックすることで複数のイメージが選択でき、データを一括してアップロードできるので便利です。
    ローカルHDD上のイメージデータ選択


    5.ANIMOTOへのイメージデータを転送している様子です。進行状況が一目でわかるようになっており、かなり親切な作りです。
    イメージデータアップロード処理中


    6.アップロードが完了すると、以下のような画面が表示されます。ここでは、イメージの順番をマウスを使ってドラッグ・アンド・ドロップで変更できます。
    ビデオクリップの中で特に強調したいイメージについては、選択して「★」マークをクリックします。イエローの枠が付きます。
    再生時間30秒のANIMOTO SHORTに収まるイメージの数は12〜15程度です。それ以上アップロードしてもビデオクリップに入らないので、気をつけましょう。たくさんのイメージを利用したい場合は、有料サービスに登録してね。
    最後に、"contuinue"をクリックします。
    イメージの確認、順序変更


    7.BGM選択画面に変移します。ANIMOTOであらかじめ用意しているミュージックライブラリ"SELECT"のほか、mp3ファイルのアップロード"UPLOAD"もサポートしています。ここでは、ANIMOTOから提供されているミュージックを利用しますので、"SELECT"をクリックします。
    オーディオトラックの選択


    8.今度は、オーディオトラックのジャンルを選択します。"INDIE ROCK"(インディーズロック)、"ELECTRONICA"(テクノ)、"HIP HOP"(ヒップホップ)からお好みのジャンルをクリックします。続いてトラックを選択します。
    オーディオトラックのジャンル選択


    9.オーディオトラックの情報を確認し、"SAVE & CONTUINUE"をクリックします。なお、mp3データをアップロードした場合、"Title"、"Artist"欄の編集が可能です。
    ANIMOTOが曲のテンポに合わせてビデオを生成しますので、ヒーリング系でゆるく、ハードロック系で動きの激しいクリップが作成されるようです。
    オーディオトラックのジャンル選択


    10.ビデオクリップの情報を入力します。一部の項目はビデオクリップの最後に表示されるテロップに出てきますが、日本語だとNG(日本語部は非表示となってしまう)みたいです。今後の対応に期待しましょう。とりあえず、イングリッシュを使うべし。
    "Create Video"をクリックすると、いよいよビデオクリップの生成開始です。

     ・Video title:ビデオクリップのタイトル
     ・Video Description:ビデオクリップの内容/コメント
     ・Your(Producer) name:製作者名
     ・length:ANIMOTO SHORTを選択

    ビデオクリップの情報入力画面


    11.ビデオクリップ作成処理はANIMOTOシステムで行われます。動画を生成するため、かなりのリソースが必要となりますので、時間を要します。この時点でブラウザを閉じても、PCをシャットダウンしてもOKです。また、進捗状況が画面上把握できるようになっていますので、ポイント高いです。
    ビデオクリップ作成処理中・・・


    12.ビデオクリップ完成後、ビデオクリップの再生画面が表示されますので、確認します。
    作成完了!


    結構長文になっちゃったんだけど、これだけでド迫力満点のビデオクリップができるんだから、ぜひ試してみてください!
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL