板金、いよいよ終盤です

2011.07.07 Thursday

0


    ルーフがかなりキレイになっていた。ポップアウトウィンドウのフレームがサビサビだったので、ラバー類も含め交換することにしたんだけど、せっかくなのでアルミ製にしようと思います。

    国内の某ショップを調べると1枚16,800円。フレーム6枚で10万か。予算的に無理。
    そういえば、ヤフオクにて7,000円〜9,000円で見かけたこともあったけど、現在は無いみたい。

    個人輸入するか。

    ということで徹夜でアメリカのwebショップを探しまくったが、ヒットするのはスチールとクロームのみ。

    待てよ。ヨーロッパもあるぞ。
    検索開始からわずか5分でアルミ枠を取り扱っているショップ発見!!

    VW Heritage
    Creative Engineering

    メールで問い合わせて見たところ、かなりリーズナブルな金額が帰ってきた。ただ、送料は1万円〜1.5万円と高い。当たり前か・・・

    とりあえず、Creative Engineeringから購入しようかな。なぜなら、このアルミフレームの製造元のようだし、ジェイルバーも販売しているから。

    気づいたことは、アルミフレームの場合、枠とガラス間のラバーには2種類(純正ガラス用とリプロガラス用)存在していること。ガラスの厚さが約1mm違うようです。サイジングを間違えると、ガラスが収まらないか、雨漏り地獄に陥る。念のため、ガラス厚を確認しよう。

    関税をスムーズにくぐり抜けられるよう、ショップに連絡してパッケージ外に明細表を貼り付けさせなきゃ。ここら辺はSamyangレンズを購入した際の経験が活かせる。


    JUGEMテーマ:車/バイク
     
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL